木下・脇田虎ノ門法律事務所

建築紛争対応

   漏水、雨漏り、ひび割れ、欠陥リフォームなどの建築紛争には、高度な専門技術や複雑な施工過程、複数の業者が関与するなど、解決が困難になる要素が多く含まれており、しかも、代金額や損害の規模が大きいことが少なくありません。また、特に中小の請負業者が絡んだ場合、業者間、業者・施主間いずれの関係においても、お互いを信頼して施工内容や納期を決めてしまうことが往々にしてあり、厳密に書面での合意がされていないケースが少なからずあります。このような状況で、お互いの信頼関係が崩れ紛争が生じてしまうと、少ない証拠資料を元に感情論を交えた泥沼の紛争になることもあります。

   せっかく購入した物件に問題があることは、不動産のオーナー様にとっては、人生の一大事といっても過言ではありません。このような状況を予防又は解決するためには、知識・経験の豊富な弁護士と共に問題点や資料の整理を行い、紛争の解決にあたることが非常に重要となります。

業務内容トップへ戻る